You are here: Home » バイクに関することについて

バイクに関することについて

日本では、排気量50cc超~400ccまでを最大とした「普通二輪」がスタンダードな二輪車カテゴリーとして定着している。
16歳から免許取得でき、毎年、多くの10代、20代の若者たち普通二輪の世界にエントリーしてきます。
いつでも、どこでも気軽に使えるのが普通二輪の最大の魅力です。
日常の生活の足として、ツーリングの道具として、そのどちらにも使える便利な乗り物としてさまざまに活用されており、製品
ラインナップもバラ江ティに富んでいます。
普通二輪で「生活が劇的に変わった」と、大きな意義を感じるユーザーも少なくないようだ。
一般に「バイク」あるいは「オートバイ」と言われる乗り物は、道路交通法では、「原動機付自転車」、「普通自動二輪車」、「
大型自動二輪車」の3種類に分けられる。
大抵の場合、二輪免許をとって、本格的なバイクライフは「普通二輪」からスタートする。
普通二輪は日本独自のスタンダードカテゴリーー日本では1996年に道交法が改正され、Motorcycle に該当する車両が普通
二輪(50cc超~400cc以下)と大型二輪(400cc超)に二分され、それぞれ別の車種として位置ずけられた。
排気量400ccを最大とする普通二輪は、国際的にはユニークな存在だが、日本ではスタンダードなカテゴリーとして定着して
います。
このため国内でバイクに乗る場合、まずは普通二輪の運転免許を取得するのが一般的です。
法改正で「いきなり大型二輪に挑戦」するのも可能ですが、やはりはじめは普通二輪に親しんで、バイクライフをだんだん深め
ていくのが通常の流れになっています。
特に、普通二輪の免許年齢は原付免許と同じ16歳からであり、大型二輪免許や四輪の普通免許より2年早く取得できる。
若年層にとっては、いち早く交通社会に参入できる乗り物として、普通二輪は憧れの対象です。
ちなみに2010年1年間で、普通二輪の免許を取得した人の数は全国で約20万人。そのうち10代は31%、20代は42%
で、合わせると73%にもなります。
近年、中高年のバイクブームがよく取りざたされるが、普通二輪のボリユームゾーンは、何といっても10代、20代の若者たち
が占めているのです。